モルドバワイン・ヨーロッパのプレミアムワイン・FINE EUROPEAN WINES
Wine Image
ワインコレクション > Original
フェテアスカ アルバ 2015
Feteasca Alba 2015

生産国:モルドバ共和国
生産者:ヴィナリア・ディン・ヴァレ
産地 : モルドバ南部(ヴァッル・ルイ・トゥラヤン地方)
内容量:750ml
ぶどう品種:フェテアスカアルバ100%(土着品種)
ヴィンテージ:2015年
色・味わい:白、辛口
アルコール度数:13.0%
飲みごろの温度:+12℃
酸味:爽やか
コルク:天然コルク
熟成:ステンレスタンク6ヶ月

数量:
2,000 (2,160円 税込)

優良なワインを生産するための好条件が揃っていることで有名なモルバ南部で収穫し、厳選されたフェテアスカアルバ葡萄から作られたこの美しいライトゴールドの白ワインは、熟れきった桃のようなアロマを持ち、熟したカラント、スターフルーツやマンゴーの風味を感じるトロピカルで飲みやすいが 新鮮な後味が口の中で長く残るのが特徴です。
非常にフレッシュな酸味とクリーンな飲み心地は魚介類を使った料理のみならず鶏肉を使った料理や柔らかく、口当たりの軽いフレッシュチーズ(マスカルポーネ、モッツァレラ等)との組み合わせも楽しめます。

Awards

2015 デカンタワインアワード: 2016 - Vintage 推薦
2016 ロンドンインターナショナルワインチャレンジ : 2014 Vintage 推薦
2016 チシナウワイン&スピリッツコンテスト: 2015 Vintage 金賞
2016 ブカレスト インターナショナルワインコンテスト: 2015 vintage 銀賞
2015 デカンタワインアワード: 2014 Vintage 銀賞
2015 ブカレスト インターナショナルワインコンテスト: 2014 Vintage 銀賞
2014 デカンタワインアワード:2013 Vintage 銀賞

フェテアスカアルバについて

フェテアスカアルバは、東ヨーロッパ、特にルーマニア、モルドバ、ハンガリー、ブルガリア、ウクライナで広く使用されているブドウ品種です。 フェテアスカは、ルーマニア語で「乙女」を意味し、フェテアスカリグラ(王家の乙女)、フェテアスカネアグラ(黒い乙女)、フェテアスカアルバ(白い乙女)という3つの異なる品種がその名を冠しています。
フェテアスカアルバはその3種の中での原型であり、他の2つは進化したと考えられています。 
これにもかかわらず、フェテアスカリグラは他2種より更に複雑で繊細な味わいであり、比較的広く生産されています。フェテアスカアルバはストーンフルーツとトロピカルフレーバーでドライワインを作ります。更に、スパークリングワインの生産にも使用され、時にはGrasa de Cotnariのような他の地方品種とブレンドされます。
フェテアスカアルバは糖度の高い葡萄であり、甘口ワインの生産に適していますが暖かい年に作られるフェテアスカアルバワインは望ましい酸味を維持するのが難しいと言われており、そのため比較的涼しい地方で積極的に栽培されています。
フェテアスカアルバは、長い間ハンガリーのLeanykaと同じ種類のブドウ品種であると考えていました。
これは、両方のブドウ名がほとんど同じ意味を持つからです。
しかし 最近のDNA検査で、両者はまったく関連がないことが判明しました。

Similar Wines